2010年05月29日

<「光ケーブル」カルテル>5社に排除命令、課徴金161億−−公取委(毎日新聞)

 NTT東日本と西日本、NTTドコモ発注の光ファイバーケーブルや関連部品の販売を巡りカルテルを結んだとして、公正取引委員会は21日、独占禁止法違反(不当な取引制限)で住友電気工業(大阪市中央区)などメーカー5社に、再発防止を求める排除措置命令と、カルテル事件としては過去最高額の計約161億円の課徴金納付を命じた。

 課徴金の内訳は▽住友電工67億6272万円▽古河電気工業(東京都千代田区)46億602万円▽フジクラ(江東区)44億1164万円▽昭和電線ケーブルシステム(港区)1億9903万円▽住友スリーエム(世田谷区)1億2002万円。住友電工とフジクラは「命令の内容を検討し、審判請求を含め今後の対応を決めたい」。他の3社は「命令を厳粛に受け止め、法令順守に努めたい」としている。

 公取委によると、5社は05年2月から立ち入り検査のあった09年6月までの間に、価格の低落防止を図るため見積価格を事前に決めていたとされる。日立電線などが出資するアドバンスト・ケーブル・システムズ(江東区)は違反行為を自主申告し、命令を免れたとみられる。【桐野耕一】

銅の電線3・4km盗む、電柱14か所で切断(読売新聞)
国会で鳩山首相に「ルーピー」のヤジ 女性の大声、与党は「失礼だ」(産経新聞)
犬・猫経由の感染症に注意―厚労省が呼び掛け(医療介護CBニュース)
エース「忠富士」殺処分、関係者に衝撃広がる(読売新聞)
「代替休暇制度」創設でどうなる? 長時間労働抑え、多様な働き方推奨(産経新聞)
posted by ニシジマ リョウヘイ at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

円高、株急落で対応協議=鳩山首相と菅財務相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は21日、菅直人副総理兼財務相と首相官邸で会談し、現在の経済情勢について協議した。欧州の信用不安を背景に急速に進んだ円高や株価急落など金融市場の不安定化を受け、対応を検討するとみられる。
 また、日銀は21日の金融政策決定会合で、金融市場の不安定化が景気に与える影響などを議論したとみられ、会談では政府・日銀が一体となった対応策も検討されそうだ。
 これに関連し、平野博文官房長官は21日の定例会見で、「株安や為替の問題は政府として常に注視しなければならない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<レールランナー>鉄路も道路も、これ1台 点検や災害時に(毎日新聞)
首相「環境に配慮した新しい形をつくる」 普天間飛行場の辺野古移設で(産経新聞)
女性車掌が気にくわない…つば吐いた43歳男逮捕(産経新聞)
<結婚詐欺>女性から3000万円だまし取る 容疑で男逮捕(毎日新聞)
岡本倶楽部 系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)
posted by ニシジマ リョウヘイ at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

離婚式 「最後の共同作業」が盛況(毎日新聞)

 離婚を決めた男女が結婚指輪をハンマーでたたきつぶして「最後の共同作業」をする「離婚式」が話題を呼んでいる。厚生労働省の人口動態統計によると、1年間の離婚件数は25万1136件(08年)で、約2分に1組が別れる時代。奇妙にも見える式の背景には、別れを新たなスタートにつなげたいという切実な思いもあるようだ。【山田奈緒】

 東京都内を中心に離婚式を企画しているのは、千葉県浦安市の元派遣会社社員、寺井広樹さん(29)。昨年4月、大学時代の先輩が離婚する際に「始まりを披露する結婚式はあるのに、なぜ終わりは何もないのか」という疑問を感じ、初めて離婚式を企画した。これが評判を呼び、離婚式プランナーに転身。これまで約20件の離婚式をプロデュースした。

 今年3月から離婚式ツアーも始め、問い合わせは約500件に上る。ツアーは東京・浅草を舞台に、再出発の象徴として、人力車に2人別々に乗る演出などがある。式の司会進行も寺井さんが1人で行い、予約待ちの状態が続いている。

 式は、別れる理由の説明▽「旧郎旧婦」あいさつ▽友人代表あいさつ−−と結婚式さながらに進む。最後は2人で結婚指輪をハンマーでたたきつぶす。服装は自由で、旧婦は和装で旧郎は普段着だったり、さまざまだ。

 あいさつに拍手していいのか招待客が戸惑うこともあるが、当事者の2人が互いに結婚生活への感謝の言葉を述べ、温かい雰囲気になることもある。式後に、離婚を思いとどまったケースもあった。

 「結婚式より感動した」「すっきりけじめがついた」と式の評判は上々。寺井さんは「ふっきれたような旧郎旧婦の笑顔を見るとうれしくなる。前向きな旅立ちを後押ししたい」と話している。

 山田昌弘・中央大学教授(家族社会学)は「3組に1組が離婚する時代。離婚のハードルは下がり、タブーではなくなった。離婚式というものが受け入れられているのも自然な流れではないだろうか」と話している。

【関連ニュース】
世界の雑記帳:イタリアで初の「離婚フェア」
質問なるほドリ:離婚したら親権ってどうなるの?
沢尻エリカ:“離婚協議”弁護士に依頼 高城氏絶望的…
イタリア:首相夫妻の離婚決着 生活費は請求の11分の1
朝青龍、タミル夫人と離婚発表 「土俵外」でお騒がせ=佐藤雅昭

地元洋画家の生家を復元=福岡県久留米市〔地域〕(時事通信)
<みんなの党>民主からくら替え出馬 参院選宮城(毎日新聞)
首相動静(5月16日)(時事通信)
マンション火災 焼け跡から男性の遺体 東京・江東区(産経新聞)
山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)
posted by ニシジマ リョウヘイ at 01:42| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。